Home » column

Category Archives: column

リーダーの資質と人柄の重要性

 

leadership-qualities-clear-vision-human-life

「人生の究極の目的は人格を磨くこと」

アリストテレスはこう言いました。

すべての点において明確なビジョンを持った優れた人物になることを、
人生の最重要目標にしてもいいのです。

世界中の大切な人たちから、
敬意と愛情を得られるような性格や人柄を目指すべきです。

 

あなた自身の人格を磨く

史上最大の哲学者であり、思想家ともいえるアリストテレスは、
人生の後年で徳について学びたいなら、
それに役立つシンプルな手法があると言いました。

それは、徳が求められるような全ての状況で徳のある行いをすることです。

言い換えるなら、もっと勇気が欲しいと思うなら、
たとえ恐怖を感じていても勇敢に行動するということと同じです。

 

リーダーとしての資質を熱望し、向上させる

どのような組織や社会でも、
リーダーの座に昇るのは容易いことではありません。
リーダーの座をめぐる競争はとても激しいからです。

他の誰よりも多くを備えた人だけが、リーダーの座を獲得できるのであり、
リーダーになったからには、その地位をしっかり保持している人物が、
どの分野でもトップにのぼりつめるのです。

 

明確なビジョンを持つ

明確なビジョンを持ってください。
リーダーシップとはある意味「状況次第」ともいえます。

リーダー職の人にとって成功に不可欠なことは多くの要因で決まります。
それは例えば、そのリーダーの元で働く部下や、
達成すべきこと、資源をめぐる競争、社会的、文化的、政治的、
経済的環境、ほかにもそのリーダーが今置かれている状況などです。

これらの要因のどれかを変えることで、
成功に不可欠なリーダーの資質も変わります。

 

リーダーが真に試されるとき

ピーター・ドラッカーは、
リーダーが避けることのできないことに「予期せぬ危機」があると言っています。

リーダーであるあなたが挫折、障害、困難、
あるいは不可避の危機などに直面したときに限って、
本来のあなたがどのような人物なのかがはっきりするのです。

あなたが言うこと、望み、期待すること、
意図することで、あなたの人格があらわになるわけではありません。

特に災難や挫折、失敗の可能性に直面したときに、
あなたが取る行動にあなたの人格はあらわれるのです。

 

あなたには責任がある

将来に向けて明確なビジョンを持ち、恐怖を抱いていることをあえてやることで、
揺るぎない勇気を持つのだと固く決意したら、
あなたの人生の全ての局面に対して完全に責任を負う習慣を持つべきです。


真実を話す

リーダーの資質の中で最も重要なことの一部に、
誠実で正直であるということも含まれるかもしれません。

あなたは誠実であることに努め、
どのような状況下においてもあなた自身にも他人にも
真実を話すということを実践することによって、
申し分のないほど正直な人になります。

シェイクスピアが「汝自身に正直であれ」と書いたその意味は、
あなたはあなたが信じること、です。

あなたは何を支持するのか、何を支持しないのか。

それを絶えず明確にしなければなりません。
いったん、ある価値観のもとに自分の人生を構築しようと決めたら、
何があってもそこから妥協しないことです。

Brian Tracy

ビジネスは人がすべて

 

business team

すべてのビジネスは人次第です。

あなたが人々を魅了し、豊かにすることは、
何よりもあなたの成功を決定づける要因になります。
一方で、人選を間違えればうまくいくこともいかなくなります。

人がすべてなのです!

 
人脈作りのスキル

あなたのビジネスを成功させるには人脈作りのスキルは必須です。

地元のビジネス団体に参加し、定期的にミーティングに出席してください。
他のメンバーに自己紹介し、彼らはどのような仕事をしているのか尋ねてください。

あなたの商品やサービスについて話さないでください。
その代わりに、他のメンバーが彼らの商品やサービスをあなたに売るように促します。

ビジネスに携わる人々は、喜んで自分の仕事について話します。
あなたが心から興味を示せば、彼らは事細かに自分の仕事や、
その進捗具合について話します。あなたはこれを熱心に聞くのです。

 

売る努力はしない

人脈作りに関する私のアドバイスは、
「出会った人にあなたの商品やサービスを売ろうとしない」ということです。

間接的な努力の法則というのがあり、
あなたが出会う人にあなたの商品やサービスを売ろうとしないほど、
相手はあなたの作ったものや売っているものに興味を持ちます。

あなたが話すのをやめるほど、あなたの印象は良くなります。
あなたが相手の商品やサービスについて話してくれるように促すほど、
相手はあなたの商品やサービスに興味を持つものです。

 

ビジネスに必要な人々を見つける

自分のビジネスを始めたら、
すべてのことを自分でやらなければなりません。

しかし、あなたの商品やサービスを販売、配送し始めるとすぐに、
あなたは誰かの手を借りる必要が出てきます。

どのような人々が必要かはどうやって決めたらいいのでしょうか?
彼らをどう選抜しますか?
これらについては何回も質問されては答えてきたものです。

あらゆるビジネスの原則の中で最も重要なことのひとつは、
「紙の上で考える」ことです。

成功はメモ帳とペンとあなた自身から始まります。

 

すべての機能を書き出す

あなたの商品を作り、入手し、マーケティングし、
販売し、配送し、支払いを受け、修理するために必要な、
すべてのステップと機能をリストアップしてください。

最初から最後までのステップはどのようなものになりますか?
仕事内容について書く代わりに、「機能」を書いてください。

どの仕事もひとつかそれ以上の機能があります。

例えば、誰かがあなたの広告を見て、
あなたのオフィスに電話してきたら、
電話に出ることはその機能に含まれるかもしれません。

他にも、顧客の問題やニーズの特定、セールス、
営業電話のための情報の入手、注文処理、商品出荷、商品代金回収、
セールスの説明責任を負う、在庫補充の調整、
さらには経営者に売上報告をしたりすることなども含まれるかもしれません。

 

本日のまとめ

あなたが参加できるビジネスのグループなり組織を、
少なくともひとつは見つけてください。

定期的にミーティングに出席してください。
人脈作りのスキルを磨き、あなたのビジネスライフにおいて、
定期的に他のビジネスに携わる人々との交流を持つようにしてください。

ビジネスは人がすべてだということを忘れないでください!

Brian Tracy

第一印象を極める

 

businesscard

影響力のあるリーダーになるには、第一印象を良くすることが不可欠です。

古代ギリシャ人は、個性が他人にどのような効果を与えるのか、ということについて思考したり書物にすることに多くの時間を費やしました。

彼らはコミュニケーションのプロセスを3つのパートに分類し、それをエトス、パトス、ロゴスと呼びました。

エトスとは倫理的な部分のことです。
あなたの人柄からにじみ出るものですが、より重要なのは、
あなたがどのような人だという印象を与えるかです。

あなたがセールスやビジネスに携わっているなら、
あなたが相手に与える印象で、その相手に対する影響力がほぼ決まります。
それはあなたの信頼性やエトスの度合いによって大きく左右されます。

個人的に信頼されるためには何事も無視できないのです。
あなたが、何かをやるにせよやらないにせよ、
それがあなたの信頼性や他人に対する影響力にプラスになることも、
マイナスになることもあるのです。

ラルフ・ワルド・エマーソンはこう言いました。
「あなたが私に大声で何か叫んでも、あなたが何を言っているか私には聞こえない」

エトス(倫理)は非常に重要です。

 

第一印象が全てを決める

何事も無視できないという法則が当てはまる最もシンプルな例は、
恐らくあなたの見た目に関することでしょう。

聞いたことがあるかもしれませんが、第一印象で失敗すると、
二度とやり直しがききません。

実際、あなたが初めて誰かと会うと、
その相手は4秒ほどであなたを判断します。
そして初めて会ってから30秒以内には、最終的な判断がなされます。

American Personnel Consultantsのメンバーによる調査結果では、
大企業の採用担当者の4分の3は、最初に会ってから30秒以内に
その人物を雇うかどうか決断したということに概ね同意しました。

 

何事も無視できない

外見上あなたはどう見えるのか、
あなたを良く見せる要素は全て重要です。

それが役立たなければあなたにマイナスの影響を与えることになるからです。

あなたの身体的特徴を変えることはできなくても、
服装や身だしなみはどうにでもなります。

実際、我々は外見で何らかの影響力を持つことができるので、
自分の外見のあらゆる部分を通して意識的に、
あるいは意図的に、自分がどのような人間なのか主張していると、
一般的には考えられます。

あなたの服装は、相手に与える第一印象の95%を占めます。
それはたいていの場合、服装があなたの体の95%を覆っているからです。

髪型などの身だしなみは、あなたの首から上の印象を決定づけ、
あなたの他人に与えるイメージやエトスにとてつもなく影響を与えます。

バッグやブリーフケース、時計、ネクタイ、指輪、ペン、
その他アクセサリー類は全て、あなたが他人に影響を与えるような
ポジションに立つことができるのか、またはできないのか
ということを語っています。

 

本日のまとめ

これらのアイディアをすぐに実践できることが2つあります。

1つ目は、あなたの見た目や身だしなみについて、
一つ一つ、詳細に見直してみてください。

あなたのビジネスにおいて、
パワフルで影響力のある人に見えるようにしてください。

2つ目は、具体的にどのようなものをどのような組み合わせで着たらいいか、
ファッションや正装について学んでください。

本を読んだり、セミナーに参加したり、
イメージコンサルタントを雇ってもいいでしょう。
外見上の一部を変えるだけで、あなたの人生が変わることもあるのです。

Brian Tracy

起業家として成功するための7ステップ

 

Word success as a ladder

ビジネスパーソンの多くは思いもよらない分野で偉大な成功を収めます。

彼らはビジネスを始めてみて期待したほど儲からないことに気付きます。
そして方向を変え、自分の経験を活かして
勢いに乗って他に儲かりそうなことを見つけます。

最も大切なことは始めることであり、行動を起こすことです。

学び、成長しながら一歩ずつ前に進むのです。
どのような分野に関しても十分な情報があります。
これを活用して十分に知識を得れば成功できます。

それにしてもまずは行動することが大切です。

 

ビジネスで成功するための2つの要素

成功している著者であるオリソン・スウェット・マーデンによれば、
成功の要素その1は取り掛かることであり、その2はやり通すことだと言います。

どのビジネスも始めのうちは信じて、
未知の世界に思い切って飛び込む勇気が必要です。

自分のビジネスを始める人のなかで、実際にビジネスを始めるだけの勇気と、
それをやり通す粘り強さのある人は、10人中たった1人しかいません。

取り掛かること、そしてやり通すこと。

何よりも失敗するかもしれないという恐怖で皆、尻込みしてしまいます。
その恐怖で行動できなくなり、その結果、失敗を避けて通れなくなります。

 

夢を持つことから始める

ありがたいことに、たとえビジネスについて何も知識がなくても、
夢をみることから始めることができます。

それからその夢を支える基盤をつくり、偉大な成功を収めるのです。

 

偉大な成功を収める7つのシンプルなステップ:
行動を起こす

巨万の富を築く最初の一歩は行動することであり、
それは次の7つのシンプルなステップのことです。

1. 目標を設定し、それを強く願う。

2. 定期預金などを活用して資金の貯蓄を始める。

資金がなければ何もできません。定期預金口座を作ってから先に進んでください。

 

今やっている仕事をバネにする

3. 今やっている仕事を今後の成功のバネにする。

お金を稼ぎながら学び、長い目で見て考えてください。

4. 成功に必要な主たる能力について学べるように、
限られた範囲内でビジネスを試しにやってみる。

5. 問題、満たされていない需要、商品、サービスなどの中で、
あなたが高品質のものを適正価格で提供できるものはないか、調査する。

 

手当たり次第読む

6. ビジネスで成功するために、
自分が選んだ分野に関して書かれた書物を手当たり次第読む。

柔軟性を失わないでください。もし、得た情報が異なるものであれば、
考えを変えることも厭わないことです。

7. 勇気と粘り強さを持ってあなたのプランを実行する。

成功できる、あなたのその能力を心から信じ、決して諦めないでください。

 

本日のまとめ

起業家としての成功に向けて、すぐに実践できることが2つあります。

1つ目は目標を設定し、プランを作成し、そのプランを実行します。
リスクや投資を限定的にして小さく始めてください。
とにかく始めることが大切です!

2つ目は何が起こっても、成功するまで決して諦めないと決意してください。
何か価値のあることを達成する前に、「粘り強さテスト」に合格しなくてはいけません。
そのテストはあなたが思っているよりもずっと早い段階でやってきます。

Brian Tracy

人生に満足して幸せになる

welcome

我々は時折、周囲の環境によって
コントロールされているのではないかと思うことがあります。

しかし実際、人生の大半はどの分野においても、
自分が選択したことや決断したことで決まります。

あなたが今いるところも、今のあなたの状態も、
すべてあなた自身が選択した結果です。

過去に何らかの選択をし、決断をした結果、
あなたは今そこにいるのです。

これから先、どこか他の場所に行きたいなら、
今、新たにより良い選択と決断をすることもできます。

それも、あなた次第です。

 

行動を定義する

20世紀の最も重要な発見の一つは、
あなたが取る行動の中心的役割です。

行動は結果を伴うものと定義されます。
その定義によれば、何もしないことさえ行動だと考えられます。

何もしないこと、すなわち、
あなたのやるべきことをしないというのは、
あなたの人生に大きな影響を及ぼすという結果を招きます。

例えば学校を中退した人、定期的に読書をしない人、
音声教材を聞いてトレーニングを積まない人というのは、
いわゆる「無為」という状態にコミットしている人といえます。

しかしその結果、その人の将来は悲惨なものになりますから、
やはりそれも「行動」だと言えます。

あなたの人生の質を決める上で最も重要な行動は、
あなたが喜んで受け入れ、人生の指針とする美徳や価値から決まります。

それらは呼吸と同じくらい、
あなたの人生にとっては重要なことです。

あなたの人生にとって何が良いのか、
何が正しいのか、何が真実なのか、
ということをあなた自身が感じることで、
あなたがすること全てが決まります。

自分の価値観に沿った生き方をすれば、自分自身に満足します。
価値観に矛盾した生き方をすれば、ひどく気分が悪くなります。

 

幸せになり満足する

最も優れた哲学者であろうアリストテレスが新境地を切り開いたのは、
人は皆幸せになるために行動するのだと決定づけたときでした。

「我々人間というのは皆、その一点において全く違わないのです。
あなたの行いは全て、あなたの求める究極の幸せを実現するための
一歩に過ぎないのです。」

アリストテレスは、続けてこう指摘しました。

「良い人だけが幸福になるであり、高潔な人だけが良くなるのだ」と。

従って幸福とは、人生を向上させる価値や美徳を各自が確立し、
人生の指針とすることができるかどうか、その能力次第なのです。

文明の初期から、教育の目的は若者に価値を教えこむことでした。

アメリカが歴史的に発展した最初の200年間、
学校の目的は価値を教えることであり、
家庭の目的は宗教を教えることでした。

若者の指導には、物語や詩、演劇が使われました。
幸福な人生を送りたいと思うならば
このような価値を指針として生きなさいと教育されたのです。

アリストテレスはさらに続けてこう指摘しました。
もし明確な価値感を持たずに育ったなら、
自分がこの人のようになりたいと憧れる人を基準に価値観を形成し、
その人なら持っていると思われる価値観を
自分自身が持っているかのように振る舞えばいいのです。

 

自分の人生と将来をつくる

人間が素晴らしいのは、
自分の性格を自由に作ることができることです。
人生のどの段階でも新しい選択と決断をすることができます。

特に価値観の形成は、すでにそれを身につけているかのように
振る舞うことから始められます。
幸福の本質は3つの共通する目的を達成する能力です。

すなわち、自尊心、自信、プライドです。誰もが必要とする要素です。
これら3つを十分に持っていれば、あなたは自分自身に満足します。

Brian Tracy

セールスの達人とは?

handshake

何か大きなことや価値のあることを達成するには、
多くの人から支援してもらう必要があります。

成功しているビジネスマン、セールスマン、起業家とは、
どうやったら多くの人に買ってもらえるか、
ということを学んできた人たちです。

あなたのビジネスや私生活における重要人物から支援が得られるなら、
この上ない成功と言っても同然です。

自分はセールスに携わっていないから
当てはまらないだろうと思うかもしれませんが、
それは勘違いです。

人は誰でもセールスに携わっています。
何らかの状況下で誰かに何かを売っています。

例えば幼児の頃、おむつを変えてもらう、
ミルクの入った瓶をもらう、ゆりかごで寝かせてもらうなどの
アイディアを両親に売り始めました。

すでにセールスを始めていたのです。
子供としてのあなたの営業力は、
笑顔や可愛らしさであったり、
一方で泣いたりわめいたりしてまわりを困らせることです。

どちらにせよ、
あなたは何らかのセールスを試みているのです。

 

セールスとは何か?

セールスを適切に定義するならば、
それは「助ける」ということかもしれません。

セールスとは他人に影響を与え、
あなたの目標達成に協力してもらう能力です。

あなたには選択肢は2つしかありません。

重要人物に協力してもらうか、
単に自分が彼らに協力するかです。
巻き込む側になるか、
巻き込まれる側になるか。

他人に影響を与え、
説得するのが上手な人になるか、下手な人になるか。

いずれにせよ、あなたはセールスに携わっているのです。

今日の市場で商品やサービスを売ろうとするならば、
それを購入する顧客が支払う額以上に、
あなたの商品やサービスに高い価値があるか、
喜びをもたらすものでなければなりません。

また、商品やサービスは、
他のものに同じ金額を払って得られたであろう結果以上の、
利益と価値を提供しなくてはなりません。

この点こそ、セールスがあらゆる取引に必要不可欠となるところです。

セールスの能力次第であなたが成功するか失敗するかが決まる出来事が、
人生では主に2つあります。

1つ目はあなたが会社勤めをする時です。
2つ目はあなたが自分のビジネスを始め、
起業家としての道を歩き始める時です。

どちらの場合にも必要になる
セールススキルについて説明しますが、
まずは仕事場であなたのアイディアを
売ることから始めましょう。

ビジネスの目的は何でしょう?

多くの人は儲けることだと言います。
しかし、収益とは単に効率的に
ビジネスを運営した結果に過ぎません。

ビジネスの真の目的は顧客を作り、
維持することです。

ですから、あなたのビジネスに顧客が生まれ、
顧客を維持することができるようなアイディア、
あるいはもっと効率的にそのビジネスを
運営することができるようなアイディアがあれば、
売るべき製品アイディアがあるということです。

 

セールス上手は正しい質問に答える

どの顧客にも最も聞かれる質問はこれです。

「それは、私にとってどんなメリットがあるのですか?」

お客様が購入するのは、
彼らにとって買うだけの理由があるからです。
あなたの理由ではありません。

トニー・アレッサンドラのプラチナルールによれば、
「あなたは他人のためにやらなければならない」ということです。

彼らがそうあってほしいと望むからで、
あなたがそう望むからではない、ということです。

セールスにおいては、
単にあなたが望み必要とする物ではなく、
相手が望み必要とする物を
売るべきだということです。

この単純なポイントを正しく理解しないことが、
多くのセールスパーソンが成果を上げられないか、
セールスという分野でやっていけない理由です。

彼らは自分が販売している物に夢中になるあまり、
今話している相手が買いそうなものは
何だろうかと考えるのに
必要な時間を取ろうとはしません。

人間の行動を促す2つの主なきっかけは常に、
手に入れたい欲望と失うことへの恐怖です。

何もしなかった結果よりも、
あなたの推薦する物に従ったほうが
より良くなるだろうという期待から、
人々は商品やサービスやアイディアを買います。

また、現状を維持するために
あなたが販売するものに支払う額以上に、
実質的に彼らが失うもののほうが
多いのではないかと不安になります。

どのような場合もあなたは、
何かを成し遂げるチャンスや、
何かを回避したり維持するものを売っています。

仮にあなたが投資口座や投資に関する考え方を売っているなら、
暮らし向きが良くなり、将来的には
経済的自立が可能かもしれないという
希望を売っています。

仮にあなたが生命保険を売っているなら、
万一事故が起こった場合には、
顧客の家族やビジネスが貧窮したり、
台無しになってしまうという恐怖に訴えています。

いずれの場合も、あなたは
手に入れたいという欲求か失うことへの恐怖に
訴えているのです。

 

影響を与えて購入してもらう
私が30年に渡って研究し実践してきた
「成功するセールス」とは突き詰めればこういうことです。

あなたのアイディアが何かということよりも、
それが何をしてくれるのかということを、
顧客は知りたがっています。

経験を積んだセールスマンは、
どのような物を売っている人でも、
いかに彼らのアイディアが顧客の現状に利益をもたらすか、
という視点で話します。

経験のないセールスマンは、
商品やサービスの特徴について話します。

あたかもそれ自体に人を動機づける力があるかのように。

Brian Tracy

小さなことから始める

block

本日は、お金がほとんど無い状態でも、
労力を費やすことでビジネスが始められる理由、
そしてその方法についてお話します。


誰でも、無一文からスタートできる


私はかつて貧乏で、悲しくなるほどお金がありませんでした。

しかし、もともとお金を持っている人など
いないのだということに気付きました。

誰でも、無一文からスタートしているのです。

実際、成功している人々は、生きている間に
何度も無一文、もしくはそれに近い状態になっています。

ですから、「お金がない」というのを、言い訳にはしないでください。


実行、実行、実行


優れたリーダーは、仕事に関すること全てについて、
周りのメンバーによく情報を与えておきます。

人は、「自分は内部の人間である」と
実感したいという欲求を持っています。

そして現状をしっかりと把握するためにも、
実際にそう感じる必要があるのです。

会社の中で何が起こっているのかを
メンバーに明かさないことほど、破滅的なことはありません。

そして、もしあなたに学ぶ意欲があるのなら、
ビジネスパーソンのうち95%は、
実行さえすれば、起業する能力がある
ということを覚えておいてください。

副業を始めて、セールス、組織、プレゼンテーション、
経理、チーム構成、交渉、説得、コミュニケーションなど、
ビジネスで必要なスキルを身につけてください。


腕まくりをする


しかし、覚えておいてください。

リーダーは、がむしゃらに働きます。
質の高いサービスを提供しようとします。
腕まくりをして、自ら飛び込みます。

リーダーは、自分はこの仕事にはもったいない、
などと思うことはないのです。

自分の能力をこんなことに使うなんてもったいない、
という考えから、副収入の機会をムダにしてきた人は数多くいます。

しかし、自分を過信している人ほど、
結果的に貧しいまま退職していきます。

真のリーダーは必ず、腕まくりをして自ら行動していくのです。


本日のまとめ


これらのアイディアをすぐに行動に移すために、
できることが2つあります。

買うことと売ることは
全てのビジネスにおいて必要不可欠な要素です。

自分の利益のために売買できる機会を探してください。

ガレージセールを訪れたり、
または自分でそれを開いてみるのもいいでしょう。

フリーマーケットに行って、
人々と交渉するのも良い方法です。
ゲームをするように、売買のスキルを身につけてください。

2つ目に、何か小さなビジネスを始めてください。

小さな規模で売買を経験するということです。
何もない状態からスタートした人は、
たくさんいるのです。


Brian Tracy

親が子どもを十分に愛せない理由


みなさんご存知ないかもしれませんが、
私は4人の子どもの父親です。

私には、マイケルとデイビットという名の息子2人と
クリスティーナとキャサリンという娘2人がいます。



子育ては大変やりがいのある仕事というだけでなく、
信じられないほど学びの多い経験です。

父親になって30年以上、私は自分自身が父親であることに加え、
子育てについて幅広く研究してきました。

ですから本日は、私が学んだことをお伝えします。

子育てにおいて最も重要な役割は、子どもを愛し、育て、
自信と自尊心を育ててあげることです。

子どもに対して素晴らしい感情を持ち、情熱を持って
彼らを世界に連れ出してあげることが大切です。

そうすることで、あなたの親としての責任感も満たされることでしょう。


なぜ、子どもを十分に愛せないのか


子どもを十分に愛せないという親には、
2つの大きな原因があります。

まず1つ目に、親が自分自身を愛していないということです。

自尊心の低い親が、自分自身に対して感じている以上の愛情を
子どもに与えるのは難しいことです。

2つ目に、子どもは期待に応えてくれる存在だと
勘違いしていることです。


子どもは所有物ではない


スーパーキッズを育てるためには、
まず子どもはあなたの所有物ではない
ということに気付くことが必要です。

子どもは彼ら自身のものです。

彼らは、天から与えられたいっときの贈りものです。


子どもは尊い贈りもの


あなたの子どもを、限られた時間だけ与えられた
尊い贈りものとして見ることができれば、
親としての役割も違って見えてくるでしょう。

子どもの性質や性格を認め応援してあげれば、
彼らは日なたに咲く花のように育っていきます。

しかし、本来の性質や性格を変えるように育てようとすると、
彼らの魂は弱り、幸せや喜びへの潜在能力も、
秋の枯葉のように干からびてしまいます。

    

愛が違いをつくる


スーパーキッズを育てるにあたり最も気にするべきことは、
彼らが受け取る愛情の量です。

花に水が必要なように、彼らには愛情が必要です。

親からの絶え間ない愛情と承認は、
子どもの精神的・肉体的な健康において大変重要です。

言うまでもなく、愛情の欠乏は、
発達段階の彼らを最も傷つける深刻な問題です。

    

無条件に愛情を注ぎ、受け入れる


子どもに対して、
「どんなことをしても、あなたへの愛情は変わらない」
ということをきちんと示してください。

子どもに与えてあげられる
素晴らしい贈りものは、

どんなことをしてもどんなことが起こっても、
無条件で愛されているという絶対的な確信です。

    

褒めて、応援する


どんな小さなことでも、
頻繁に褒めて、応援してあげてください。

繰り返して欲しいと思うことは、
褒めて、強化してあげるのです。

褒めることで、彼らの自信と自尊心は高まります。

    

本日のまとめ


もし、あなたが自分の子どもになったとしたら、どんな風に感じますか?

子どもになったつもりで、
親としての自分を評価してください。

あなたの強み、弱みは何でしょうか。

良くできていること、できていないことは何でしょうか。

子供の自尊心を低くさせてしまうような行動は、
取っていないでしょうか。




Brian Tracy

パルテノンの原則


あなたにお話しておきたい話があります。

ペルシャ戦争の際、
アテネのアクロポリスにあった建物は
侵略してきたペルシャ人によって燃やされました。



そして戦争が終わった紀元前479年の終わり、
アテネ人たちは街を立て直し、

ついに古代ギリシャにおいて最大の寺院である
パルテノン神殿を建築したのです。

知恵の女神であり、
アテネの守り神であるパルテノン神殿は、

トルコ人とベネチア人との戦争中に一部が壊された
17世紀の中頃までは、約2000年の間ほとんど無傷でした。


象徴


あなたが作り上げているキャリアやビジネスは、
ギリシャ人にとってのパルテノン神殿と同じくらい重要です。

この壮大な神殿建設のためには、
何年間もの精密な設計や
耐え難いほどに辛い労働がありました。

これと同じことが、ビジネスにおいても言えます。

非常に高いレベルのコミットメントを持つことが、
アテネ人が行った事業の成功には必要不可欠でした。

ですから、ビジネスの成功においても
彼らと同程度のコミットメントが求められるのです。

パルテノン神殿と同じように、
キャリアやビジネスは柱によって支えられています。

そしてそれぞれの柱は、
一貫性と存続をすることによって成り立っているのです。

パルテノン神殿は「存続させるために建てられた」ものです。

キャリアやビジネスも岩のように、
強固な原理を元にしなければなりません。


原則

パルテノン神殿を支えている柱のひとつの強度が、
ほんの少し上がった時を想像してみてください。

それぞれの柱が強化された時、
構造の頑丈さや耐久性に違いが現れます。

変化は、全体の構造に
大きな変化をもたらすのです。

同じことがキャリアやビジネスにおいても言えるのです。

このような現象は、
「パルテノンの原則」とも呼ばれています。


漸進的な変化


人間の身体について考えてみてください。

人間の身体は様々なシステム、
または柱によって支えられています。

これらのシステム、もしくは柱のうち一つを改善すれば、
全体的な健康が改善されます。

ほんの少しそれら全てを向上させる努力をすれば、
個々の健康、エネルギー、活力が
大幅に増加されることをあなたは経験するでしょう。

同様に、あなたのビジネスは
いくつかの基盤となるシステムによって構成されており、
そのシステムは相互に関連しています。

私が提供するコーチング・プログラムでは、
7つの中心的なシステム、もしくは柱についてお伝えしています。

この7つの柱とは、
「営業」、「サービス」、「価格」、「販売促進」、
「推薦」、「生産性」、そして「利益」です。

人間の身体で例えるなら、
これらのシステムのうちどれかを改善すれば、

それはいずれビジネスや組織の
全体的な健康に繋がるのです。

    

本日のまとめ


あなたは、自分の商品を
より魅力的かつ売れるものにするために、
どんなことを改善できますか?

あなたの売上、マーケティング戦略をより良いものにするプロセスを
どのように変え、改善することができますか?

あなたは自分のビジネスを
よりクライアントに親しんでもらうために、

顧客サービスのオペレーションを
どのように改善することができますか?




Brian Tracy

古いものを捨て、新しいものを取り入れる


あなたは自分のことを、
とてもクリエイティブだと思いますか?

環境にすぐ適応できたり、
柔軟性に関してはどうでしょうか?


とてもクリエイティブな人達は、
流動的で、柔軟で、
適応性の高い心構えの持ち主である傾向にあります。

以下は、クリエイティブな人達が行う3つの習慣です。

これらは、誰でも日々の練習によって身につけられるものです。


間違っていたら、それを認めること

最初のステップは「私が悪かった」と認めることです。

多くの人は正しくあることにこだわりすぎて、
精神的なエネルギーの全てを、

問題の先送りや空威張り、
または相手を非難し、否定することに費やします。

もしあなたが間違っていたらまずそれを認め、
次へのステップのための解決策を考えるべきです。


間違いを直視すること

2つ目に、クリエイティブでない人達は、
「私は間違いを犯した」と言うことは弱さのしるしだ、
と考えています。

しかし間違いを認めることは、
精神的な成熟や人間としての強さを表しているのです。

人は皆誰でも、毎日間違いを犯しているのだ
ということを覚えていて下さい。


新しい情報に柔軟であること


クリエイティブな人達がよく使う
3つ目の言葉は、「気持ちが変わったんだ」です。

自分たちの気持ちや決断を変えたことを
認めるのを恐れているだけで、

驚くほど多くの人が
身動きの取れないようなシチュエーションに
はまってしまうのです。

    

前の決断を捨てる勇気を持つ

もしあなたが新しい情報を手に入れて、
前の決断に対しての印象が変わった時、

気持ちを変えたことを認め、
何があっても後戻りしないようにしてください。

もしもその決断が
今ほどあなたの興味を引くものでなければ、

自我を強く持って、
「前の決断を捨てる」勇気を持ちましょう。

そして、気持ちを変えて、
より良いものに手をつけましょう。

    
本日のまとめ


あなたがよりクリエイティブになるために、
狭い思考パターンを壊す2つの方法があります。

まず1つ目に、自分は完ぺきではないことを受け入れて下さい。

あなたはミスもするし、日常的に間違いを犯します。
この考え方は、あなたの知性と勇気を表します。

2つ目に、新しい情報を入れた時、あなたの決断を変えて下さい。

あなたのビジネスに関して今知っているほとんどのことは、
次の数年で完全に変わることばかりです。

その変化を最初に捉えられる人になって下さい。




Brian Tracy