Home » column (Page 2)

Category Archives: column

誰もが知っておくべきセールス成功への鍵


セールス成功への重大な鍵は、
「聞くこと」だということを知っていますか?

人の話をよく聞く能力は、
人間関係における成功において
必ずしも必要なものではありません。

セールスの会話をする際に良い聞き手になる、という能力は
新しいセールスモデルの基礎となるものなのです。

これにより、セールスをしやすくなり、売上が上がり、
セールスという仕事に対する喜びも大きくなるでしょう。


良い話し手になるだけでは不十分

多くのセールスパーソンは、
オープンで、良い話し手であること
が重要だと考えていました。

こんなセリフすら聞いたことがあるかもしれません、
「セールスをするなら、口達者になるべきだよ!」と。


他人に意識を向ける

真実とかけ離れたものは存在しません。

トップセールスパーソンの実に75%が、
心理テストで「内向的」と分析されています。

彼らはのんびりした性格で、
他人中心に物事を考えます。

そして話すよりずっと多く、相手の話を聞いています。

彼らは他人の気持ちや考えにとても興味があり、
座って見込み顧客の話を聞くことを、
心地よく感じているのです。

セールスの場でも、彼らは話すよりもずっとよく聞きます。

未熟なセールスパーソンは
ほとんどの時間話していますが、

トップセールスパーソンはほとんどの時間、
相手の話を聞いているのです。


誰に対しても「ホワイト・マジック」を練習する


相手の話を聞くことは、
「ホワイト・マジック」とも呼ばれます。

しかし、ビジネスパーソンでこれを実行できている人は、
極めて少ないのが現状です。

よく話を聞いてくれるセールスパーソンとして
評判になれば、顧客も見込み顧客も安心し、
一緒にいることを心地よく感じてくれます。

彼らは快く、またより高い頻度で
買ってくれるようになるのです。

    

70対30の法則を練習する


神様は人間に2つの耳と1つの口を与え、
人間はその割合に忠実にそれらを使うべきだ、
という話を聞いたことがあるでしょうか。

トップセールスパーソンは、
70対30の法則を練習しています。

30%かそれ以下の時間を
話したり質問する時間にあて、

70%もしくはそれ以上の時間を
顧客の話を聞くことにあてています。

彼らは、耳と口を正しい割合で使っているのです。

    
本日のまとめ


これらのアイディアを行動に移すために、
すぐにできることが2つあります。

1つ目に、今日、今から、セールスの会話において、
聞くことに時間を割くと決意してください。

沈黙を心地よく感じるようになるのです。

2つ目に、セールスの会話の度に、
70対30の法則を練習してください。

70%の割合で聞き、30%の割合で話すのです。




Brian Tracy

成功へのプログラミングの秘訣


ミッションステートメントを書きだす時は、

まるで自分が目指す人物に既になっているかのように、
いつでも現在進行形で書いてください。

そして内容は、ポジティブで個人的な内容について
書いてください。


自分を正しくプログラミングする

ミッションステートメントが
現在形で、ポジティブで、個人的なものである場合のみ、
潜在意識はそれを受け付けてくれます。

「私は非常に優れたセールスパーソンである。」

というミッションステートメントは、とても良い例です。

セールスの電話を1本かけ終わる度に、
ミッションステートメントを見直し、

今の自分の態度はなりたい自分に近かったのか、
それとも遠かったのかを自問してください。

トップセールスパーソンとして、

高い基準で行うセールスと
今自分が行っているセールス活動とを比較し、

行動の基準を上げてください。

自分自身をより良くするために、
継続的に努力するのです。

あなたが思い描いた理想の自分に近づくために、
毎日、様々な方法で、慎重に努力を重ねてください。


ミッション・ステートメントを決める

想像して下さい。

今から1年後、
あなたの顧客と見込み顧客が
一緒にランチをしています。

そして見込み顧客が顧客に対して、あなたのことを
どんなセールスパーソンだと思っているのか、
と詳しく聞いた時に、

その顧客は、あなたのミッションステートメント
通りのことを自然に語ります。

これがあなたの目標となるのです。

あなたの顧客に対する接し方が
大変素晴らしいものであれば、

顧客はあなたのことをイキイキと説明するはずです。


自分と自分を比較する


このようにミッションステートメントを一度設定すれば、
あなたはそれを常に読み返し、見直し、
修正し、アップグレードさせることができます。

何かを追加することも、
既に書いたものをブラッシュアップすることもできます。

そしてそれはあなたの信条、哲学、また信念となり、
人間関係においての道標にもなります。

毎日、ミッションステートメントで設定した基準と
自分の行動を比較し、評価してください。

    

自分の人格を形づくる

しばらくすると、驚くべきことが起こります。

ミッションステートメントを何度も見直し復習することで、
無意識のうちに発言や行動が変化し、
理想の自分にどんどん近づいていることに気がつくでしょう。

あなたの変化に、周りの人々もすぐに気がつきます。

時間が経つにつれ、あなたがかつて
素晴らしいと感じていた性格や人格に、
あなた自身がなっていることに気がつきます。


自分の運命を、自分で形づくるのです。

手順を認識することで、
あなたの頭の中はすっかり整理され、
重要なことをすばやくこなせるようになります。

    
本日のまとめ


第1に、見込み顧客と会うことを想像して下さい。

その顧客に、あなたは自分自身のことを
何と言って欲しいでしょうか?

そう言ってもらうために、顧客に対して
どんな風に振る舞えば良いでしょうか?

第2に、いつもポジティブな言葉で
自分に話しかけてください。

あなたの目標やなりたい自分を説明するような、
ポジティブなメッセージで、自分自身の心を満たしてください。




Brian Tracy

成功の3原則


ビジネスと戦争には、たくさんの共通点があります。

どちらの場合も、競合よりも
優れた戦略をとった方が勝者となります。

そこで本日は、毎日の仕事に応用できる、
3つの軍事戦略の原則についてお伝えします。

1つ目の戦略は、『作戦行動』と呼ばれるものです。

これは、
明確な目標を持ちつつも、目標達成の過程は
柔軟に対応するべきだという考え方
です。

精神医学で有名なメニンガーによれば、
どれだけ柔軟に対応できるかということが、

変化の激しい状況下で成功するために
最も重要な要素というのです。


継続的なフィードバックを行う


最高のパフォーマンスを発揮する鍵となるのは、
「フィードバックを受け入れ、自己修正すること」です。

最高のパフォーマンスを発揮する人々は、
自分が置かれた環境から情報を得るだけではなく、

置かれている環境が計画と相反するものだったとしても、
それを受け入れ、計画を修正し、前進し続けます。

彼らは、新しいアイディアや見識に対して常にオープンなのです。


知るべきものを学ぶ

2つ目の戦略は、『知性の原則』です。

知性の原則とは、単純に、
事実を確認するということです。

ビジネスにおける意思決定で最も重要なことは、
正確な情報を得ることです。

事実は嘘をつきません。
ですから、本当の事実を得ることが重要です。

事実だと思い込んだものでも、
事実のように見えるものでも、

見かけ上の事実でも、
期待する事実でもなく、

実際に証明することのできる事実です。


より良い決断をする


エグゼクティブの仕事において鍵となるのは、意思決定です。

下した決断の質は、タイムリーで正確な情報を
集めるために使った時間と比例します。

十分な情報がない場合には、
意思決定をできるだけ遅らせてください。

    

資源を賢く投資する

3つ目の戦略は、『兵力節約の原則』です。

これは、目標達成に必要な分だけ資源を費やし、
それ以上は使わないということを意味します。

そしてこれは、達成すると決めた目標に対しては、
十分な資源を投下する必要があるということでもあります。

個人のエネルギーは、人生を通して投資すべきものです。

ですから、兵力節約の原則に基づき、
自分自身をどう使うかについて決める際には、
ワガママになるべきなのです。

「これはどのくらい大切だろう」と、更には、
「これは自分にとってどのくらい大切だろう」と、自問して下さい。

    
本日のまとめ


仕事においてもプライベートにおいても、より戦略的になるために
今すぐに活用できる2つのアイディアがあります。

1つ目に、目標に向かって進んでいるときには、
柔軟であり続けて下さい。

変化の多い状況下では、あなたのアイディアが
新しい情報と相反するものになるかもしれません。

別のことに挑戦する意思を持って下さい。
新しいアイディア、インプットに対してオープンでいて下さい。

2つ目に、事実を確認して下さい。

より良い情報をより多く手に入れることにより、
より良い意思決定ができるようになります。

優秀なマネージャーは、行動する前に、
確実で証明できる事実を得るために時間を使うのです。




Brian Tracy

恐れに打ち勝つ方法


恐れを克服し、勇気を持つことは、
人生において最も大変なことかもしれません。

恐れは、今も昔も、人類にとって最大の敵です。

かつてフランクリン・ルーズベルト元大統領は、
「我々が恐れるべきものは、恐れの感情そのものだ」
と言っていました。

私達が実際に恐れているものよりも、恐れの感情のほうが、
不安やストレス、不幸を生み出している
ということです。

もし、勇気を持つ習慣を身につけ、不動の自信を持つことができたならば、
全く新しい世界があなたを待っていることでしょう。

想像してみて下さい。

世界中で恐れるものが何もないとしたら、
あなたはどんな夢を持ち、どうなりたいと思い、何をしたいと思いますか?


勇気を持つ習慣をつける


幸運なことに「勇気を持つ」という習慣は、
他の習慣と同じように、繰り返すことで身につけることができます。

そのためには、恐れに常に向き合い、克服し、
人生の避けられない浮き沈みに対処するための勇気を
育てていくことが必要です。

恐れを克服し勇気を持つための最初の一歩は、
恐れの感情を持たせている原因に目を向けることです。

殆どの場合、恐れの根本となっているのは
幼い頃の条件付け、主に激しい批判です。

これが、2つの大きな恐怖の原因となっているのです。

その2大恐怖とは、
「私にはできない、できない、できない」
と思わせる『失敗への恐れ』と、

「やらなくては、やらなくては、やらなくては」と思わせる
『能力がないと思われることへの恐れ』です。

恐れは私達を麻痺させ、
夢や目標に対する積極的な行動を遠ざけてしまいます。


知れば知るほど、恐れは小さくなる

恐れは、無知からも生まれます。

限られた情報しか持っていない時には、
疑いが私達を支配します。

行動の結果に対し、緊張し、不安になります。

無知であることは、変化や未知のものへの恐れを生み、
私たちは新しいことや変化に挑戦していくことを避けてしまうのです。

しかし、反対のことも言えます。

ある物事について、
より良い情報をよりたくさん集めることにより、
勇気や自信を持つことができます。

これは、恐れを感じていない瞬間を思い出せば分かるでしょう。

その時あなたは、自分が何をしているかを
しっかりと理解しているはずです。

知識があり、何があっても対応できると感じているでしょう。


恐れを分析する


恐れの原因が分かったら、次のステップは、
その恐れを明確にして分析することです。

真っ白な紙の一番上に、「私は何を恐れているか?」と書いて下さい。

忘れずにいてほしいのは、
優秀な人々も、必ず何かを恐れているのだということです。

身体的にも、感情的にも、金銭的にも、また周りの人々についても、
悩むのは当然で自然なことなのです。

勇気のある人は、恐れのない人ではないのです。

マーク・トウェインは言っています、
「勇気とは、恐れに抵抗し、恐れを支配することである。恐れを感じないことではない」と。

    
本日のまとめ

恐怖、ストレス、不安の原因を、
規模の大小構わず全てリストにして書きだしてください。

仕事やプライベートで、
居心地が良くない場所に居座り続けてしまう原因、
すなわち、その場所にあなたを引き止めている「恐れ」について、考えてみて下さい。

あなたが持っている恐れを全て書き出したら、
重要な順に並べ、ひとつずつ解きほぐしていきましょう。




Brian Tracy

誰から学ぶか?


少しでも早く成功へ
辿りつくための方法





私は成功の秘訣について長い間調査してきました。

そしてその結果私が発見したのは、
「成功は軌跡を残す」という大変興味深い法則です。

50年以上にも渡り成功について研究し続けた結果、
辿り着いた最高の成功法則は、
「その分野のエキスパートから学ぶ」というものでした。

エキスパートの軌跡から学ぶのです。


エキスパートから学ぶ


どんな分野であれ、偉大な成功を収めたいと思うのであれば、
周りで成功している人が何をしているのか
をまず理解することが重要です。

そして、同じ結果を得られるまで、彼らと同じ事をしてください。

成功者へのインタビュー、スピーチ、伝記や自伝など
について調べてみたところ、ある共通点を発見しました。

彼らは皆、「非常に几帳面だ」という評価を得ているのです。

彼らは時間を実に上手く使います。

同じ時間の中で、彼らは
平均的な人よりもはるかに高い生産性を持っているのです。


効果的かつ効率的になる


成果を出せる人は皆、効果的かつ効率的です。

正しいことを、正しい方法で行います。

生産性の質や量を高める方法を常に探しています。

結果として、組織への貢献はより大きくなり、
それに見合った報酬を得ることができるのです。


本日のまとめ


これらのアイディアを行動に移すために、
今すぐにできることが2つあります。

第1に、
あなたの分野にいるエキスパートから学ぶための
学習計画を立てて下さい。

エキスパートから学ぶことで、一人で学習するよりも
はるかに効率よく学ぶことができるのです。

第2に、
最重要事項を決め、
どのようにしてそれを行うかも決めてください。

    




Brian Tracy

カリスマ性が持つパワー




もし、誰かに「カリスマ性」の意味を聞かれたら、あなたは何と答えますか?

辞書によると、カリスマ性とは


「人々の忠誠心や情熱を駆り立てる、人を魅了するリーダーシップ」
という意味を持っています。

ではこれを知った上で、どのようにすれば
自分自身のカリスマ性を高めることができるでしょうか?


魅力を高める


カリスマ性とは、誰もがある程度持っている、
人を惹きつける特別な性質のことを意味します。

人は誰でも、自分を尊敬してくれる人や賞賛してくれる人、
また家族や友達、同僚などに対して特別なカリスマ性を持っています。

時間や場所を問わず、誰かに対して肯定的な感情を持った時には、
あなたの中に相手のカリスマ性や魅力が植え付けられているのです。


肯定的なイメージを与える


カリスマ性について説明しようとする時、「オーラ」について話をする人もいます。

このオーラというものは人から発せられるもので、
ごく少数の人だけが見ることのできるものです。

そしてオーラとは、周りの人に
ポジティブもしくはネガティブな影響を与える光のことを言います。

多くの宗教画に描かれている聖人や神秘的な人の頭の周りにある光は、
彼らが話している時や祈っている時、また激しく感情的になっている時に見えるものを
画家たちが描こうとした、と言われています。


印象をコントロールする


ほとんどの人にとってオーラは見えませんが、誰でもオーラを持っています。

このオーラは、周りの人々の反応や応答に、
良い意味でも悪い意味でも影響を及ぼすものです。

オーラをコントロールして、興味のある分野に活かすためにできることはたくさんあり、
またそれらを行うべき理由も沢山あります。

    

トップセールスに学ぶ


もしあなたがセールスパーソンならば、
カリスマ性のレベルを反映したこの「オーラ」は、

あなたの顧客や見込み顧客があなたに対してどのように接するか
という点で大きな影響力を持っています。

トップセールスパーソンは、普通のセールスパーソンよりずっと、
顧客と良い関係を築いているように見えるでしょう。

彼らは他人を受け入れ、また他人からポジティブに受け止められ、
信頼されています。

トップセールスパーソンは、多くの商品を簡単に販売します。
そしてより良い生活をし、より良い人生を築いています。

カリスマ性のあるセールスパーソンは、仕事からより多くの喜びを見出し、
ストレスや拒絶による苦しみは圧倒的に少ないのです。

彼らは基本的に、自分自身の分野において
いつもトップレベルのパフォーマンスを発揮しており、
質の高いセールスによって報酬を得ているのです。

    
周りの人へ影響を与える


ビジネスにおいてカリスマ性を持つということは、
あなたの周りのスタッフ、仕入先、銀行、顧客など、
あなたの成功に関わる人々に絶大なる影響を及ぼします。

人は、カリスマ性のある人に自然に惹きつけられます。

そして手伝いたい、サポートしたいと思うのです。

カリスマ性を身につけることができれば、
思いもしなかったようなチャンスが得られるでしょう。

人間関係の質を高める


人間関係において、カリスマ性の質を高めることは、
あなたの人生をより楽しく、幸せなものにしてくれます。

カリスマ性のある人物の近くに、人は居たいと思うものです。

カリスマ性のある人は、周りの友人、そして家族に
より良い影響を与えることが出来ます。

そして、その良い影響を受けることで、
周りの人はより質の高い人生を送ることができるのです。

本日のまとめ


まず、あなたにカリスマ性を感じてくれている人が誰かを理解しましょう。

あなたのことを知っていて、好感を持ってくれていて、尊敬してくれている人々です。
そういった人を参考に、あなたはどのようにしてさらにカリスマ性を伸ばしますか?

次に、あながカリスマ性を感じる人を見つけてください。

好きで、尊敬し、賞賛できる人です。

その人に見習い、真似できることは何ですか?

カリスマ性について考えれば考えるほど、あなたのカリスマ性は高まるのです。

    




Brian Tracy

幸せへの4つの要素


人生を通して、あなたは数えきれないほどの様々な目標を持つでしょう。

そこで、考えてみてください。去年、あなたはいくつの目標を設定しましたか?


全ての目標は、4つのカテゴリーに分類されます。

あなたの行動はすべて、
この4つのうちのどれかを高めるために行なっていることなのです。


幸せへの鍵


最初のカテゴリーは、幸せな人間関係への欲求です。

あなたは周りの人々を愛し、また愛されたいと思っています。

幸せで調和のとれた家庭生活を望んでいます。

周りの人々とうまくやり、尊敬されたいと思っています。

あなたが集まりに参加するのは、
周りの人々と幸せな関係を持ち、社会に貢献したいと思うからです。


仕事を楽しむ


2つ目のカテゴリーは、面白く、やりがいのある仕事への欲求です。

もちろん、よりよい暮らしをしたいとも思っているはずですが、
それよりも、仕事を本当に楽しみたいと思っているでしょう。

人生で最高の瞬間とは、仕事に完全に夢中になり没頭している時なのです。


経済的に自立する


3つ目のカテゴリーは、経済的自立への欲求です。

お金の不安から開放されたいと思っています。

銀行に十分な預金を持ち、
いちいちお金のことを考えることなく物事を決定したいと思っています。

一定の経済状況を達成し、
先の心配をすることなく気持よく退職したいと思っています。

経済的に自立していれば、貧困や、周りの人への依存の心配がなくなります。

働きながら継続的に貯金や投資をしていれば、
いずれもう二度と働く必要のない状況までたどり着くことができるでしょう。

    

健康に過ごす


最後のカテゴリーは、痛みや病気から解放され、
良いエネルギー状態を保つための良好な健康状態への欲求です。

実際、体調を崩すまで、
あなたは健康でいることが当たり前になっているはずです。

    
心の安定が鍵


心の安定は、これら4つのすべてのカテゴリーに必要な要素です。

心が安定していればしているほど、リラックスでき、ポジティブで、
ストレスも減り、健康状態も良好に保つことができます。

また、良い人間関係を築き、楽観的になり、
誰に対してもフレンドリーに自信を持って接することができます。

あなたが心から自分自身に良い感情を持っていれば、
仕事もより上手くいき、その仕事によりプライドを持つことができます。
より良い上司、より良い同僚になることができます。

そしてあなたの心の安定により、
より質の高い生活をすることができ、

将来のために定期的に預金をすることができ、
経済的自立も達成することができるでしょう。

注意を向ける先をコントロールする


人生は、何に注意を向けるかで大きく変わります。

あなたがじっくり考えていることが、
人生において大きな範囲を占めるようになるのです。

人間関係、仕事の質と量、お金、健康。
あなたがより多く注意を向けるものがより良くなり、あなたは幸せになるのです。

本日のまとめ


これらのアイディアを行動に移すために、あなたが今すぐにできる事が3つあります。

1つ目に、上記の4つのエリアで、それぞれ
何によってあなたが幸せになるのか考える時間
を定期的に作ることです。

2つ目に、人間関係、健康、仕事、お金に関して、
具体的で測定可能な目標を設定し、書き出すことです。

3つ目に、上記の4つのエリアのうち
いずれかの質を向上させるためのアクションを決め、
継続して実行してください。

    




Brian Tracy

管理と委任における5つのステップ



あなたの期待が満たされ、
求める結果の達成が保障されている、
管理と委任における5つのステップをお伝えします。


ステップ1


第1のステップは、その仕事に求める結果を明確にすることです。

求める結果を明確にすれば、
その仕事の適任者を選ぶのは簡単になります。


ステップ2


第2のステップは、その仕事に対しての経験や成果に基づいて人を選ぶことです。

重要な仕事の場合、
その仕事を1度も経験したことのない人に委任してはいけません。

ある仕事を完璧に成功させることが、
ビジネスの成功において重要な役割を担っているのであれば、

この人であれば完璧に成功させることができる
と信じられる人物を選任することが最も重要です。


ステップ3


第3のステップは、何をして欲しいのか、どのような結果を求めているのか、
期限はいつまでか、どのような方法でやってほしいのかを説明することです。

あなたが仕事を委任する立場にいるということは、
あなた自身は既にその仕事をマスターしているはずです。

あなたの経験に基づいた最善の方法を説明し教えることは、
期限内に望む結果を得るための最善の方法です。

    

ステップ4

第4のステップは、経過報告の時間を作ることです。

もし委任した仕事が重要なものであれば、実際の締め切りよりも
1日もしくは1週間早い締め切りを作りましょう。

必ずスケジュールに余裕を作るのです。

そして、医師が重傷患者の状態をチェックするように、
仕事の進行状況をこまめにチェックしましょう。

運任せに仕事をしてはいけません。

    
ステップ5

第5のステップは、常にチェックをするということです。

委任するということは、放棄することではありません。 


誰かにその仕事を頼んだということが、すなわちその仕事において
あなたの責任がなくなったということではありません。

それが重要な仕事であればあるほど、
その仕事のトップでい続けることが重要
なのです。




Brian Tracy

セールス成功の「4つの戦略」



セールスパーソンとしてまず始めににしなければならないことは、
自分自身をコンサルタントとして見ることです。

トップセールスパーソンは皆、
自分自身をセールスパーソンではなくコンサルタントとして見ています。

商品やサービスをお金と交換してもらう人としてではなく、
商品やサービスによって問題を解決する人として見ているのです。

そこで本日は、トップセールスパーソンが
各分野でベストになるために使っている、
4つの効果的な戦略を紹介します。


戦略1


1つ目の戦略は、「アプローチ」です。

実力のあるセールスパーソンは、その人をクライアントとしてアプローチします。
販売を期待して手に帽子を持ち、顧客にアプローチすることはありません。

見込み顧客の問題解決や、
目標達成を手助けするために呼ばれたコンサルタントとして、

「クライアント」にアプローチするのです。


戦略2

2つ目の戦略は、質問をし、話を注意深く聞くことです。

コンサルタントとして顧客の話を熱心に聞き、質問をしてください。
常に全エネルギーを顧客の状況を理解するために注いでください。

そうすることによって、顧客が本当に欲しているもの、必要としているものに基づいた
知的な提案ができるのです。


戦略3


3つ目の戦略は、専門分野において、エキスパートになるということです。

コンサルタントとして成功を収める人々は、
専門分野におけるエキスパート、
または権威者にならなければならないことを知っています。

彼らは自社の商品やサービスについて、隅から隅まで知っています。

沢山の時間を投資して、商品の詳細、
また競合他社の商品についても習熟しているのです。

彼らは、提供するものの強みや弱み、
長所や短所、特徴や利点についてよく知っています。

彼らは顧客が感じ取れるほどの卓越した商品知識を持っており、
セールスを通じてクライアントに安心感を与え、
セールスパーソン自身にも自信を与えます。

    

戦略4

4つ目の戦略は、競合との差別化を図らなければならないということです。

トップセールスパーソンは、自身をコンサルタントとして位置づけ、
顧客のための資源と見ています。

そして、アドバイザーやメンター、友人として行動しているのです。

感情を込めて接し、自身の商品やサービスが、
見込顧客の持つ真のニーズへに対する
理想的な解決策になるだろうかと考えています。

ただ商品を売るのではなく、見込客を助けるためにより多く悩むことで、
競合他社への差別化を図っているのです。

そうすることで、顧客はあなたのことを、
セールスをすることよりも
自分自身のことを気にかけてくれている人だと感じます。

これは間違いありません。

    
本日のまとめ

これらのアイディアをアクションに移すために、今すぐにできることが2つあります。

まず、自分自身をセールスパーソンとしてではなく、
問題解決者として見てください。

そして、セールスをはじめる前に、
見込客のニーズを理解するための時間を十分にとってください。

あなたの商品やサービスによって
あなたの顧客のニーズを満たす方法を考えてください。

そうすることによって、顧客はあなたの商品を、
理想的な問題解決策として見るはずです。




Brian Tracy

パーソナルパワーへの鍵


ひとは誰でも、人気者になりたいと思っています。
あなたも、友人や家族や同僚から、好かれ、尊敬されたいと思っているはずです。

人は特に、自分自身のことが好きで、尊敬でき、
価値のある重要な人物だと思いたいものです。

まずあなたは、他者のためになることを行ってください。
そうすることで、あなたは自分自身のことを好きになれるのです。

あなたが他者のためになることをすることによって、
その人はあなたのことを重要視する
ようになります。
そうすることで、あなたは自分自身を価値ある人間だと感じることができるのです。

これが、素晴らしい人間関係の鍵です。


最も簡単な方法


第一の欲求は、他者から受け入れられることです。
あなたが他者を無条件に受け入れれば、彼らの自尊心は高まります。
彼らは自分自身をユニークで特別な価値ある存在だと感じることができるはずです。


感謝の態度

感謝への欲求は、あなたが出会う人全てが持っている、
潜在意識の深い部分にある欲求です。

この欲求を満たすことができれば、あなたの分野において、
世界で最も人気のある人物の一人になることができるでしょう。

では、感謝や理解を表す際に鍵となることは、どんなことでしょうか?
それはシンプルに、あらゆる時に「ありがとう」と言うことです。


最も深い欲求


人々が持っている中で最も深い感情的な欲求は、賛辞や賞賛への欲求です。

誰しも、他者から受ける賞賛の質や量に深く影響を受けています。
それが尊敬する人からのものであれば、なおさらです。

    

良くみせる

自尊心を高め、自己重要感を高める方法には、
あらゆる機会で賞賛を行うというものもあります。
周りの人々の成果や行動、所有物や人格について褒めることをポリシーとしてください。

『ホワイト・マジック』を練習する

『ホワイト・マジック』とは、周りの人が話をしているときに、
彼らの話をよく聞くという練習です。

これは、自尊心を形成する行動の中でも、最も強力なものの一つです。
あなたが誰かの話を熱心に聞けば、彼らの心拍数は上がります。
彼らは幸せになり、そして自分自身をより価値のある人間だと感じるでしょう。

結果として、彼らはあなたをますます好きになり、尊敬します。
あなたが誰かの話を親身になって聞けば聞くほど、
彼らはあなたを大切な、そして価値ある存在だと感じる
のです。

    

傾聴の4つの鍵

効果的な傾聴をするための鍵はとてもシンプルです。

まず1つ目は、人の話を邪魔せず熱心に聞くことです。
2つ目は、返事をする前に一呼吸置くことです。
どんなことが頭に浮かんでも、急がないことが大切です。
3つ目は、「それはどういう意味ですか?」と、
相手の意図を明確にする質問をすることです。
4つ目は、自分自身の言葉でフィードバックをすることです。

    
素晴らしい人生設計

かつてアリストテレスは、「人間は社会的動物だ」と言いました。
私たちは、他人と関わり合いながら生活しています。
より良い関係を構築するほど、私たちはより幸せに、そしてより忙しくなります。

他人と関われば関わるほど、人は長生きし、人生を楽しむことができるのです。

    
本日のまとめ

日々の生活の中で、あまり好きではない人を一人選んでください。
そして、次にその人に会った時には、その人のことを褒めてください。
服でも、身だしなみでも、仕事でも、あるいは持ち物でも構いません。
そうすれば、その人が今後あなたに対して取る態度の変わりように、
あなたは驚くはずです。




Brian Tracy