Home » column » セールス成功の「4つの戦略」

セールス成功の「4つの戦略」




セールスパーソンとしてまず始めににしなければならないことは、
自分自身をコンサルタントとして見ることです。

トップセールスパーソンは皆、
自分自身をセールスパーソンではなくコンサルタントとして見ています。

商品やサービスをお金と交換してもらう人としてではなく、
商品やサービスによって問題を解決する人として見ているのです。

そこで本日は、トップセールスパーソンが
各分野でベストになるために使っている、
4つの効果的な戦略を紹介します。


戦略1


1つ目の戦略は、「アプローチ」です。

実力のあるセールスパーソンは、その人をクライアントとしてアプローチします。
販売を期待して手に帽子を持ち、顧客にアプローチすることはありません。

見込み顧客の問題解決や、
目標達成を手助けするために呼ばれたコンサルタントとして、

「クライアント」にアプローチするのです。


戦略2

2つ目の戦略は、質問をし、話を注意深く聞くことです。

コンサルタントとして顧客の話を熱心に聞き、質問をしてください。
常に全エネルギーを顧客の状況を理解するために注いでください。

そうすることによって、顧客が本当に欲しているもの、必要としているものに基づいた
知的な提案ができるのです。


戦略3


3つ目の戦略は、専門分野において、エキスパートになるということです。

コンサルタントとして成功を収める人々は、
専門分野におけるエキスパート、
または権威者にならなければならないことを知っています。

彼らは自社の商品やサービスについて、隅から隅まで知っています。

沢山の時間を投資して、商品の詳細、
また競合他社の商品についても習熟しているのです。

彼らは、提供するものの強みや弱み、
長所や短所、特徴や利点についてよく知っています。

彼らは顧客が感じ取れるほどの卓越した商品知識を持っており、
セールスを通じてクライアントに安心感を与え、
セールスパーソン自身にも自信を与えます。

    

戦略4

4つ目の戦略は、競合との差別化を図らなければならないということです。

トップセールスパーソンは、自身をコンサルタントとして位置づけ、
顧客のための資源と見ています。

そして、アドバイザーやメンター、友人として行動しているのです。

感情を込めて接し、自身の商品やサービスが、
見込顧客の持つ真のニーズへに対する
理想的な解決策になるだろうかと考えています。

ただ商品を売るのではなく、見込客を助けるためにより多く悩むことで、
競合他社への差別化を図っているのです。

そうすることで、顧客はあなたのことを、
セールスをすることよりも
自分自身のことを気にかけてくれている人だと感じます。

これは間違いありません。

    
本日のまとめ

これらのアイディアをアクションに移すために、今すぐにできることが2つあります。

まず、自分自身をセールスパーソンとしてではなく、
問題解決者として見てください。

そして、セールスをはじめる前に、
見込客のニーズを理解するための時間を十分にとってください。

あなたの商品やサービスによって
あなたの顧客のニーズを満たす方法を考えてください。

そうすることによって、顧客はあなたの商品を、
理想的な問題解決策として見るはずです。




Brian Tracy


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree