Home » column » 人生に満足して幸せになる

人生に満足して幸せになる


welcome

我々は時折、周囲の環境によって
コントロールされているのではないかと思うことがあります。

しかし実際、人生の大半はどの分野においても、
自分が選択したことや決断したことで決まります。

あなたが今いるところも、今のあなたの状態も、
すべてあなた自身が選択した結果です。

過去に何らかの選択をし、決断をした結果、
あなたは今そこにいるのです。

これから先、どこか他の場所に行きたいなら、
今、新たにより良い選択と決断をすることもできます。

それも、あなた次第です。

 

行動を定義する

20世紀の最も重要な発見の一つは、
あなたが取る行動の中心的役割です。

行動は結果を伴うものと定義されます。
その定義によれば、何もしないことさえ行動だと考えられます。

何もしないこと、すなわち、
あなたのやるべきことをしないというのは、
あなたの人生に大きな影響を及ぼすという結果を招きます。

例えば学校を中退した人、定期的に読書をしない人、
音声教材を聞いてトレーニングを積まない人というのは、
いわゆる「無為」という状態にコミットしている人といえます。

しかしその結果、その人の将来は悲惨なものになりますから、
やはりそれも「行動」だと言えます。

あなたの人生の質を決める上で最も重要な行動は、
あなたが喜んで受け入れ、人生の指針とする美徳や価値から決まります。

それらは呼吸と同じくらい、
あなたの人生にとっては重要なことです。

あなたの人生にとって何が良いのか、
何が正しいのか、何が真実なのか、
ということをあなた自身が感じることで、
あなたがすること全てが決まります。

自分の価値観に沿った生き方をすれば、自分自身に満足します。
価値観に矛盾した生き方をすれば、ひどく気分が悪くなります。

 

幸せになり満足する

最も優れた哲学者であろうアリストテレスが新境地を切り開いたのは、
人は皆幸せになるために行動するのだと決定づけたときでした。

「我々人間というのは皆、その一点において全く違わないのです。
あなたの行いは全て、あなたの求める究極の幸せを実現するための
一歩に過ぎないのです。」

アリストテレスは、続けてこう指摘しました。

「良い人だけが幸福になるであり、高潔な人だけが良くなるのだ」と。

従って幸福とは、人生を向上させる価値や美徳を各自が確立し、
人生の指針とすることができるかどうか、その能力次第なのです。

文明の初期から、教育の目的は若者に価値を教えこむことでした。

アメリカが歴史的に発展した最初の200年間、
学校の目的は価値を教えることであり、
家庭の目的は宗教を教えることでした。

若者の指導には、物語や詩、演劇が使われました。
幸福な人生を送りたいと思うならば
このような価値を指針として生きなさいと教育されたのです。

アリストテレスはさらに続けてこう指摘しました。
もし明確な価値感を持たずに育ったなら、
自分がこの人のようになりたいと憧れる人を基準に価値観を形成し、
その人なら持っていると思われる価値観を
自分自身が持っているかのように振る舞えばいいのです。

 

自分の人生と将来をつくる

人間が素晴らしいのは、
自分の性格を自由に作ることができることです。
人生のどの段階でも新しい選択と決断をすることができます。

特に価値観の形成は、すでにそれを身につけているかのように
振る舞うことから始められます。
幸福の本質は3つの共通する目的を達成する能力です。

すなわち、自尊心、自信、プライドです。誰もが必要とする要素です。
これら3つを十分に持っていれば、あなたは自分自身に満足します。

Brian Tracy


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree