Home » column » 第一印象を極める

第一印象を極める


 

businesscard

影響力のあるリーダーになるには、第一印象を良くすることが不可欠です。

古代ギリシャ人は、個性が他人にどのような効果を与えるのか、ということについて思考したり書物にすることに多くの時間を費やしました。

彼らはコミュニケーションのプロセスを3つのパートに分類し、それをエトス、パトス、ロゴスと呼びました。

エトスとは倫理的な部分のことです。
あなたの人柄からにじみ出るものですが、より重要なのは、
あなたがどのような人だという印象を与えるかです。

あなたがセールスやビジネスに携わっているなら、
あなたが相手に与える印象で、その相手に対する影響力がほぼ決まります。
それはあなたの信頼性やエトスの度合いによって大きく左右されます。

個人的に信頼されるためには何事も無視できないのです。
あなたが、何かをやるにせよやらないにせよ、
それがあなたの信頼性や他人に対する影響力にプラスになることも、
マイナスになることもあるのです。

ラルフ・ワルド・エマーソンはこう言いました。
「あなたが私に大声で何か叫んでも、あなたが何を言っているか私には聞こえない」

エトス(倫理)は非常に重要です。

 

第一印象が全てを決める

何事も無視できないという法則が当てはまる最もシンプルな例は、
恐らくあなたの見た目に関することでしょう。

聞いたことがあるかもしれませんが、第一印象で失敗すると、
二度とやり直しがききません。

実際、あなたが初めて誰かと会うと、
その相手は4秒ほどであなたを判断します。
そして初めて会ってから30秒以内には、最終的な判断がなされます。

American Personnel Consultantsのメンバーによる調査結果では、
大企業の採用担当者の4分の3は、最初に会ってから30秒以内に
その人物を雇うかどうか決断したということに概ね同意しました。

 

何事も無視できない

外見上あなたはどう見えるのか、
あなたを良く見せる要素は全て重要です。

それが役立たなければあなたにマイナスの影響を与えることになるからです。

あなたの身体的特徴を変えることはできなくても、
服装や身だしなみはどうにでもなります。

実際、我々は外見で何らかの影響力を持つことができるので、
自分の外見のあらゆる部分を通して意識的に、
あるいは意図的に、自分がどのような人間なのか主張していると、
一般的には考えられます。

あなたの服装は、相手に与える第一印象の95%を占めます。
それはたいていの場合、服装があなたの体の95%を覆っているからです。

髪型などの身だしなみは、あなたの首から上の印象を決定づけ、
あなたの他人に与えるイメージやエトスにとてつもなく影響を与えます。

バッグやブリーフケース、時計、ネクタイ、指輪、ペン、
その他アクセサリー類は全て、あなたが他人に影響を与えるような
ポジションに立つことができるのか、またはできないのか
ということを語っています。

 

本日のまとめ

これらのアイディアをすぐに実践できることが2つあります。

1つ目は、あなたの見た目や身だしなみについて、
一つ一つ、詳細に見直してみてください。

あなたのビジネスにおいて、
パワフルで影響力のある人に見えるようにしてください。

2つ目は、具体的にどのようなものをどのような組み合わせで着たらいいか、
ファッションや正装について学んでください。

本を読んだり、セミナーに参加したり、
イメージコンサルタントを雇ってもいいでしょう。
外見上の一部を変えるだけで、あなたの人生が変わることもあるのです。

Brian Tracy


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree